MISSION

​大川智矢が目指す、「武術の普及」と「日中友好」

 カンフーやアクション映画などでは有名な「武術」。

しかし競技となると日本国内での認知度はぐっと下がります。武術はオリンピック最終候補種目まで残ったれっきとしたスポーツであるのにも関わらず、です。

 実際に戦いはしませんが(演武)、武術本来の攻防が含まれていたり、それに加えて跳躍動作や芸術性のある動き。全身を大きく使って自分を表現する非常に多様性のあるスポーツです。

 伝統の継承のための武術、小さい子から年配の方まで楽しめる健康のための武術、パフォーマンスとしての武術、そして競技の武術。

 この幅広く多様性のある素晴らしいスポーツを国民の皆さんに知ってもらいたい。そして少しでも多くの方が「大会を見に行きたい!」と思ってくれるような未来を目指したい。競技選手が少しでも長く競技を続けて、現役選手を引退した後も武術で生活していける、そんな未来を目指したい。

 日本における武術の社会的価値を高めていくことがミッションです。

武術の普及

日中友好

学生時代は外交官を夢見ていました。武術をやっている分、中国語や中国文化を勉強している分、中国の良さを知っているつもりだったし、寒々しい日中関係をどうにかしたいと考えていました。しかし、訪中を重ねていくうちに、実際に現地のプロ選手とともに生活をし、練習をしていくうちに民間レベルの交流が外交問題を越えていくと気付きました。武術を通して日本人には中国の良さを、中国人には日本の良さを知ってもらうように交流を積極的に行い、日中友好の架け橋となりたいと願っています。

大川 智矢